イチ公務員の日々

果たしてどうなるのか。

たばこ税の増税が見送られそうです。
またもや首相の決定力不足が指摘されることになるんじゃないでしょうか。


たばこ税を上げることで、税収がアップすると賛成派は主張しますが、現在のタバコの消費量は減っている状況にあり、税収が増えるとは限らないとの主張もされています。
また反対派の意見には、「社会保障費の増加を、タバコを吸う人だけに負担させるのはお門違いだ。」と言う人もいます。
確かに、一理あるかと個人的には思います。

他の賛成派の意見に、「タバコを吸う人が減るということは、病気になる人が減り、その分の医療費が減る。」というものがあります。
この意見は一件正しいように思えますが、あながちそうとも言い切れないそうです。
短いスパンで考えれば、間違いありませんが、長いスパンで考えると、間違っているという指摘があります。

喫煙者が減ることで、病気になる人が減り健康になる人が増えます。
そうなると喫煙をやめた人が長生きすることになり、それは高齢者が増えることを意味します。
高齢になればなるほど、医療機関にかかる可能性が高くなります。
それが医療費の増加を引き起こすということになるそうです。
過去にアメリカで喫煙プログラムのシミュレーションが行われたらしく、その結果、短期的には医療費は減少したが、長期的には増加したそうです。

医療経済学者の間では、喫煙や健康診断など、いわゆる予防医療と言われる治療法は、医療費をげんしょうさせないというのが常識にもなっているようです。
予防医療を促進させるのならば、医療費の削減を目的とするのではなく、充実した生活を送ることを目的に行うべきだとの指摘もされています。

しかし、実証的な研究は行われていないため、どちらが正しいとは今の所言えません。

最近流行しているメタボ検診というものがありますが、これも予防医療として、医療費削減のために行われています。
しかしこれに対しても同じく、医療費の削減は見込まれないと指摘されています。

メタボ検診自体はどうかわかりませんが、医療費の増加が見込めないとしても、充実した日々を送るため、予防医療自体は進めていくべきだということは間違いないと思います。


最後に、首相の決定力不足が指摘されると最初に書きましたが、年内中に解散総選挙が行われるのではないかと、思っています。



フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-12-12 01:54
<< 新たなスタート たまったもんじゃない。 >>



公務員として感じるアレコレ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
脱毛口コミ
from 脱毛口コミ
脱毛口コミ
from 脱毛口コミ
裁判員制度がわからない
from 志村建世のブログ
惜しかった
from Anything Story
徹底金融比較!
from インターネットキャッシング
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
「憲法9条の思想水脈」を..
from 志村建世のブログ
常識 政治
from ちょいとれ.com
【秘映像!!】LUNA ..
from 【秘映像!!】LUNA SE..
アドレス教えて!
from アドレス教えて!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧