イチ公務員の日々

カテゴリ:未分類( 63 )

長生き遺伝子

iPS細胞だったり、糖尿病にかかりやすい人の遺伝子だったり、本当に色々な発見が医療界にはありますよね。
そんな中で、「長寿遺伝子」っていうのがあるのをご存知でしょうか?
なんでも、適正カロリーの6割を摂取するころで、その遺伝子にスイッチが入り、長生きできるようになるとか・・・本当ですかね??


僕は今、卒論のために「医療費問題」について勉強をしています。
上に書いた「長寿遺伝子」も、その過程で知ったものです。

今日は、現在「医者不足」、「たらい回し」など様々な問題が起こっている医療界の中で、「開業医も安心できない。」ということを学びました。

これまでは、開業医になればもう生活に困ることはないと言われていたようです。
しかしその開業医になる人が多くなり過ぎているせいで、競争が激しくなり、開業医も厳しくなっているようなのです。

開業医が増えたのは、病院勤めをしていたお医者さん(勤務医)が、あまりの激務に耐えられなくなり、勤めていた病院をやめ、開業していることが原因の一つとされています。

これまでの開業医は、親の引き継ぎによりこれまでのノウハウや施設を利用して経営する方法、勤めていた病院の近くに開業することで、その病院と連携することで経営する方法などが一般的だったようです。
しかし、どちらにしても周辺に開業が多くなっており、安泰とは言えないようです。

また病院を開業するということは、病院を経営しなくてはならなくなります。
しかし医者になる人は、経営学を学んでいません。
そのため自分で経営することは難しく、潰してしまう場合があります。
また、経営コンサルタントに頼んだとしても、頼みっぱなしという状況になり、悪徳なコンサルタントにかかってしまえば潰れてしまうということになります。


勤務医も開業医も厳しい状況に立たされている状況です。
経済的な問題を多く書きましたが、それだけでなく、現在のお医者さんは自分の時間がなかなか持てないでいます。
本当に大変な状況になっているなと感じます。


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-12-02 00:03

可能性

またしても閣僚の辞任が行われようとしています。
組閣される度に起きる辞任に、もううんざりしてしまいます・・・(ーー;)

マスコミに取り沙汰された当初は、「辞任するつもりはないが、しがみつくつもりもない。」と言ったそうです。
しかしこれまで、しがみつくことなく辞職・辞任が続いたのも事実だと思います。
まだしがみついてほしいという気が、どうしてもしてしまいます。


自分の話になりますが。
現在僕が所属するサッカーチームが、正念場を迎えています。
シーズンで最も重要な大会の最中なのですが、勝ちたいところでなかなか勝てないでいます。
明日の試合で勝てなければ、目標としている優勝は難しくなるでしょう。

以前にも書いていますが、僕は就職活動のために、半年ほど休部をしました。
そのせいもあって、休まずにやってきている選手に比べて実力的に劣る部分がありました。
現在も埋まってはいないでしょう。

復帰した当初の僕は、ブランクもあるし、レギュラーにはなれなくてもかまわないと思っていました。
現役でやり続けた選手をしっかりサポートし、勝利に貢献できればいいと思っていました。
でも今、その気持ちは大きく変わってきています。
試合中の他の選手の必死になっている姿を見ると、どうしてもムズムズしてしまいます。

サッカーだけでなく、他のスポーツにも言えることなのかもしれませんが、他の選手の頑張っている姿を見ると、自分もあの中に入りたい気持ちにさせられます。
可能性がある限り、自分から可能性を閉ざしてしまうのはもったいないです。

あと少しのサッカー人生になるかもしれませんが、あきらめずに最後まで、自分の可能性にしがみついてみようと思っています。


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-09-27 23:23

共存

たばこへの風当りが強くなっています。

今日の新聞の記事に、たばこををいかに規制するかについての記事がありました。

その記事というのは、日本はもっとたばこに対して厳しく規制するべきというもの。
なぜ規制するべきかというと、それは主に受動喫煙の防止のため。
世界的にも、たばこへの規制が厳しくするのが主流となっています。
日本は厳格さという点では大きな遅れをとっています。
具体的には、日本のたばこは1箱300円なのに対し、他の先進国では1000円前後が当たり前。

私ももっと規制するべきだと思います。
しかし日本はたばこによる産業発展も図ってきたように、たばこによる恩恵を受けられるのならば享受するに越したことはありません。
ある企業のCMでも「分煙」として、たばことの共存を模索している例もあります。

規制に遅れた日本だからこそ、たばこの促進や規制以外の新たな共存方法を模索することも一つの手段なのではないかとも思います。

でもやっぱり健康というのはお金には変え難いもの。
私自身はやはり、より厳しい規制をするべきだと思っています。


話は変わって・・・
過去のブログに公務員試験のことを書いていましたが、先月末に内々定をもらうことができました!!
時間をもてあませることの幸せを感じています。
でもそろそろ有意義に過ごさなければと思っています。

フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-09-08 23:33

解決への道

僕は以前から、鼻の頭などに集中する毛穴の汚れを結構気にしていました。
それがある番組をきっかけにきれいになっている気がしています。
これまではこれが毛穴の汚れかどうかもわかりませんでしたが・・・この悩み、いつか解決しそうな気がしています(^^♪


二日前の新聞に、印象的な記事がありました。
「世界人口の22%にオリンピックをもたらすチャンスがあるのに、リスクを恐れてそれをしないのは愚かなことだ。」
「IOC(国際オリンピック委員会)の存在意義は、政府には一切目をつむり、17日間だけ特別な世界を作ることにある。」
ある学者とIOCのメンバーが話された言葉です。

今年の北京オリンピックを象徴する言葉のような気がします。

僕はスポーツを見るのが好きで、4年に1度のオリンピックをすごく楽しみにしています。
でも今回の北京オリンピックには、都市とそれ以外の地域に大きな隔たりがあります。
それぞれの格差についてを知る旅度に、複雑な気持ちになります。
それが今回のチベット問題にも表れています。

でも今年の北京オリンピックがあるからこそ、中国について様々なことが取り上げられているのも事実です。

ある中国人記者は、日本の新聞の風刺画を見て、「これが表現の自由なのか。」と震えが止まらなかったそうです。
あるチベット僧は、日本人記者に対し、「あなたの国は信仰の自由が保障されていて羨ましい。」と涙を流されたそうです。

今年の北京オリンピックでは、負の側面が多く取り沙汰されています。
今回の北京オリンピックで、世界が「中国」というものを知ることができるかもしれません。
負の問題をは決して喜ばしいことではありませんが、オリンピックをきっかけに、解決への流れができたりしないのかなぁ・・・なんて勝手に思っています。

今回のオリンピックは、一国で世界人口の「5分の1」を占める国が会場です。
ただオリンピックが行われる。それだけでは終わらない、何か歴史上重要なことが起こるのではないか・・・という気がしています。


ダライ・ラマと中国政府との対話が実現するかもしれません。
少しでも今回のチベット問題の解決に近づくといいなと思っています。


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-04-26 01:56

プロとしての自覚

今日テレビで、「深イイ話」という番組を観ました。
この番組は、「深く」て「イイ」話を紹介する番組なのですが、その中にオール阪神・巨人さんのエピソードがありました。

漫才の仕事があってある会場で出番待ちをしていると、ちょうど出番になる頃に、火事と疑われるような焦げ臭いにおいが会場中にたちこめました。
会場には人がたくさんおり、そんな時に一番怖いのは、会場全体がパニックいなってしまうこと。
そこでオール阪神・巨人さんは機転を利かせました。
「みなさん落ち着いてください。もし火事だったら、僕たちはお客さんの前に出ないで、真っ先に逃げてます。」
こうしていくつかのやり取りをして、危険な状況を笑いにし、実際に会場が混乱することはなかったそうです。
(実際にその会場から火が出たわけではなく、怪我をした人はいなかったそうです。)

司会で、オール阪神・巨人と同期の島田伸介さんによるが、その他にも、機転の利くエピソードを話されました。
巨人さんの父親が亡くなられた時はそのことを笑いに変え、阪神さんの自分の母親が亡くなった直後の漫才でも、そのことを笑いに変えられたそうです。
普通のネタでは悲しくなってて泣いてしまうかもしれない。
でもそれはプロの芸人としてやってはいけない。
だから敢えて、今の悲しくてツライ状況を笑いに変え、お客さんを楽しませる。
実際に、お客さんはネタとしか思っていなかったそうです。

とにかく自分のやるべきことをきちんとやり切る。
それも、ただやるのではなく、「お客さんを楽しませる」という役割を果たした上で。
こういうのを、芸人魂。というのかなぁと思いました。

(ちなみに、阪神さんも巨人さんも、ものすごく仲が悪いそうです。)
(さらに、背の高い巨人さんは根っからの阪神ファン。小柄な阪神さんが野球にほとんど興味がないそうです(^^ゞ)


話は変わって、原発のこと。
アメリカでは、今後20年間で30以上もの原発の設置が予定されています。
日本でも、原発の設置が進められるでしょう。
でもその中で怖いのは、やはり放射線。
実際に、両国それぞれに、ミスによる事故が原因で周辺住民に被害が出たという過去があります。

地球温暖化の影響を受け、必要性はわかります。
でも他にも何かできることがないのか。
科学技術にものを言わせ、その他には何もしなくてよいのでしょうか。

アメリカで30基以上も設置されるというのですが、果たして安全性は確保できるのか・・・・・本当に不安です。
日本でも今後設置が進められれば同じような不安があります。

過去の事故は、ミスが原因です。
職員の人には、プロとしての自覚。プロ魂を持って、仕事をしてほしいと思いました。


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-04-22 03:12

お金の使い道

突然ですが、ゴルフの石川遼君は本当にすごいですよね。
石川遼君を見るためにツアー三日目には10000人もの人が見に行ったそうで・・・もうアイドルですね。
テレビの出演料とかもあるだろうに・・・どうしてるんだろう。

今日の新聞に、日本の国防の見直しがなされるという記事がありました。
中国の軍備拡張の進展が著しいことが大きな要因の一つだそうです。

まだもう少し小さかった頃は、戦争を促進させるような軍備拡張なんてする必要ない。と突発的に思っていました。
でも、北朝鮮のミサイル事件。
隣国中国の軍備拡張。
国際関係において、国防においてもある程度必要なのかもしれないと、なんとなく思います。
でも、技術の進歩によって軍備がより整備され、それに対する防御策がより整備され・・・・・どこかで歯止めが効かなくなるのではないか。そんな危機感も感じます。

日本は、唯一の平和憲法を持つ国ですが、もっとそれにふさわしいようなことはできないのでしょうか。
国防費は数兆円にも達する膨大なものですが、それをもっと平和的な国際支援に使用することはできないのでしょうか。

以前テレビで、国防費うちの数パーセント(決して大きな割合ではありません。)で世界中の地雷をなくすことができます。
数百億で、治療法が発見されていない病気に対しての研究が行えます。
ということを聞きました。

極端な話をすれば、現在の国防費を増やさず、増やさなかった分を全て、国内・海外の困っている人々に使う、究極の救済国家のようなものはできないのだかなぁと思います。
このような貢献をしている国があったとして、このような国に対して、攻撃をする国はあるのでしょうか。

何も知識がないため、非現実的なことしか書いていないのかもしれません。
でももっと、人を傷つけるお金ではなく、人を助けられるお金を増やすことができないのかなぁ、なんて思います。


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-04-21 02:54

読み比べ

昨日の自衛隊の一部違憲判決。
かなり物議をかもしだしそうですね。

これまで、色んな人に、新聞は読み比べるといい。と言われてきました。
それを意識し、何度か読み比べてはみるのですが・・・いまいちピンときません。
でも、今回の違憲判決。これ以上にその意味を感じたことはありませんでした。

僕が読み比べたのは、読○と朝○です。
全く違いました。
前者は「批判」。後者は「賛同」。
これほどまでに正反対の立場で書かれるとは・・・思いもしませんでした。

読み比べることで、それぞれの言い分を知ることができます。
それぞれどのような理由があって主張をしているのかを知ることができます。
「批判」と「賛同」を知る。つまり総合的な視点で自分の考えを持つことができます。

当たり前のことですが、これまでそれを得るチャンスを逃してきたことを思うと・・・すごくもったいない思いです。
今回ほど顕著に立場が分かれたのは、政治についてだったからかもしれませんが、これからはそれぞれの立場を意識して読むことができそうな気がしています。


以前書いた面接についてですが、最終面接も終わり、後は結果を待つのみです。
果たしてどうなることやら・・・今は公務員の勉強に集中です。

フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-04-20 01:14

面接

本日、ある企業の面接を受けてきました。

公務員が第一志望なのですが、民間企業の中で唯一行きたいと考えている所であり、むしろ自分の目指すべきはこっちなのでは?という気持ちもあり、志望度は結構高い所です。
民間企業で唯一エントリーをしている所です。

初めての面接にしては、不思議なくらい緊張もなく、想像以上にきちんと発言をすることができました。
ただ内容は自分でも矛盾している・・・と思う点もあり、結果はあまり期待していません。

でも、大学に入るまでずっと緊張しいだった自分が、なぜこんなにも冷静でいられたのか。
もっとも大きかったのが、就職カウンセラーの方に「あなたなら大丈夫ですよ。自信をもって頑張ってください。」と言ってもらえたことだと思います。
これまでの大学生活で、多少自分なりに挑戦したことが報われたような気がした一瞬でした。
・・・・・成長ではなく、遅刻しそうになったために全速力で会場に行き、そのせいで出た汗と共に緊張が流れていった?のかもしれませんが(^_^)

まぁなんにせよ、大学入学時に比べて、少しは成長したのかな?と思えた一日でした。


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-04-11 04:29

ゆるぎない思い

・・・なんて重々しいタイトルをつけましたが、なんてことありません。
新聞のセールスを断わった話です(~_~;)

一人暮らしだとあまりならないドアのチャイムですが、今日珍しくなりました。
それも「ピンポンピンポン」と二回。
友達だったらあらかじめ連絡があるし、業者の人だったら基本的に一回しか鳴らないはずです。
誰かなと思ってのぞき穴をのぞくと、知らないおじさんです。
なにかと思ってドアを開けて話を聞くと、近所に引越しをしてきたそうです。
なんだそんなことかと、「わざわざありがとうございます。」と言ってドアを閉めようとすると、新聞のセールスの話を始めちゃいました。

僕は新聞を元々取っているのですが、今日来たおじさんのとは違う会社のものです。
玄関にある新聞の回収用の袋でわかったらしく。
「新聞読んでるなんて偉いねえ。」とのこと。
そして契約の交渉が始まりました。
最初は、「近所付き合いだと思ってなんとか。気のいいおじさんのためにもなんとか。」って軽い感じから始まりました。
僕はかれこれ二年ほど購読を続けているのですが、「もう二年とっているんだから、契約終了後にうちのを三ヶ月ぐらいいいじゃない。」などなど・・・。
それでも断わると・・・自分の生活の話を始めちゃいました。
今の生活。会社での立場。現在の契約数・・・・・。
「人助けだと思ってなんとか頼むよ。土下座したら契約してくれる?」
本当に土下座しそうな始末・・・。
土下座はやめてくれと言い、今日の所はお引取りしていただければ・・・と逆にこっちがお願いしました。

「絶対ダメ?」
「絶対ダメです。」

ならしょうがないと言われ、最後に「外で顔を見かけておじさんが声をかけても、無視しないでね。」と言って帰られました。

断わることに関しては変える気はなかったのですが、頼み込まれると、契約してもいいかなぁという気持ちになってしまいます。
元々、今の新聞の契約後は特に決めてないし、今の新聞に拘っているつもりもなく、絶対に断わらないといけない理由もありません。
次回来た時は契約してもいいかなぁという気もしています。

働くってことは大変なことなのだと、しみじみ思いましたm(__)m


フレディ
[PR]
by sgakusei | 2008-04-07 00:37

励み

勉強の休憩がてらにテレビを見ることがあるのですが、その中で励みになることもしばしばあります。

「スーパードクター」という番組をご存知でしょうか。
世界・日本の医療界で有名なお医者さんの紹介をしている番組です。
その中で非常に印象に残った言葉があったのでご紹介します。

ある有名な脳外科の先生の言葉です。
世界的にも有名なお医者さんで、日本全国からの要請に応え、日本全国を回っている方です。

「私の手術を待っている人は一年中います。休みなんてないんです。『一週間に8日働く』気持ちでいます。」

圧倒されました。
自分も同じように言えるくらい、生きがいを持って働くことができたらいいなと思います。

先生の健康診断の様子も番組でやっていたのですが、紛れもない健康だったようです。
「神様はまだまだ働けって言ってるな。」とおっしゃっていました。
・・・・・本当にすごい方ですm(__)m
[PR]
by sgakusei | 2008-04-05 00:49



公務員として感じるアレコレ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
脱毛口コミ
from 脱毛口コミ
脱毛口コミ
from 脱毛口コミ
裁判員制度がわからない
from 志村建世のブログ
惜しかった
from Anything Story
徹底金融比較!
from インターネットキャッシング
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
「憲法9条の思想水脈」を..
from 志村建世のブログ
常識 政治
from ちょいとれ.com
【秘映像!!】LUNA ..
from 【秘映像!!】LUNA SE..
アドレス教えて!
from アドレス教えて!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧