イチ公務員の日々

法と市民の距離関係①

 「法律」、「裁判」、「判決」・・・ これらの言葉から読者の皆さんはどんなイメージを持つだろうか?
 難しそう、日常生活とは少し離れたところにある、関わりたくないなどのマイナスなイメージを持つ方が多いのではないかと私は思う。かく言う私も、大学で法律を学んでいるのだが、それを日常のなかで近くに感じることは少ない。
 
 2年以内に「裁判員制度」が始まる。今まで法律と向き合ってこなかった多くの「一般人」が、半ば強制的に刑事裁判に関わることになる。この制度を導入することによって「法と市民の距離関係」はどのように変化するのだろうか。

 「法と市民の距離関係」と題して、今までの日本での一般の人たちと法とのキョリや、裁判員制度を機にそれがどう変わっていくのかをこれから考えてみたい。

 p.s. 初めてブログを書きました!これからよろしくお願いします!                                                           二代目襲名マスクド
[PR]
by sgakusei | 2007-04-20 21:55
<< 法と市民の距離関係②ー1 地元の友達 >>



公務員として感じるアレコレ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
脱毛口コミ
from 脱毛口コミ
脱毛口コミ
from 脱毛口コミ
裁判員制度がわからない
from 志村建世のブログ
惜しかった
from Anything Story
徹底金融比較!
from インターネットキャッシング
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
「憲法9条の思想水脈」を..
from 志村建世のブログ
常識 政治
from ちょいとれ.com
【秘映像!!】LUNA ..
from 【秘映像!!】LUNA SE..
アドレス教えて!
from アドレス教えて!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧